県央 2年ぶり優勝 全国高校ラグビー県予選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明和県央―桐生第一 前半4分、県央ロック中野が相手のタックルを受けながらも先制トライを決める=県営ラグビー場

 高校ラグビーの第97回全国大会群馬県予選は11日、前橋市の県営ラグビー場で決勝が行われ、明和県央が44―7で桐生第一を下し、2年ぶり7度目の優勝を果たした。県央は前半だけで4トライを奪って主導権を握り、初めて決勝に進んだ桐生第一を1トライに抑え込んだ。本大会は12月2日に組み合わせ抽選が行われ、同27日に大阪府東花園市の花園ラグビー場で開幕する。


 ▽決勝
明和県央 44(26―0)7 桐生第一
      (18―7)

桐生第一000011077
    TGP前TGP後計
明和県央430263011844

【県央】    【桐一】
佐 藤    金 谷
熊 谷    小 倉
河 村    大 和
中 野    柳 岡
石井輝    新井穂
伊 藤    井 上
ハリス    石 井
原 田    小谷野
金 子     東 
和 崎    斉 藤
丸 山    亀 井
斉 藤    梅 沢
石井龍    若 井
新 井    新井滉
石井匠    奥 田

▽交代・入替【県】高橋(石井龍)、狩野(佐藤)、諸田(ハリス)【桐】田代(新井滉)、明光(小倉)

 【評】明和県央が7トライで桐生第一を圧倒。前半4分にゴール前の密集からロック中野が抜け出して先制トライ。16分はWTB丸山のサイド突破から再び中野がトライを決め、さらに2トライを加えて26―0で折り返した。後半もフランカー伊藤の2トライなどで、桐一を寄せつけなかった。

 桐一は風上の前半、県央の堅守を崩せず。後半はSO斉藤の突破からCTB梅沢がインゴールに飛び込んだが、六つの反則をはじめ攻守でミスが響いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事