今度はぼくたちの夏が来た 群馬県少年学童軟式野球が開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式で整列する選手=上毛新聞敷島
選手宣誓する新高尾ジャガーズの岡田主将(左)

 軟式野球の群馬県小学生総体兼JAグループ群馬杯第50回県少年学童大会(県野球連盟、上毛新聞社主催)が3日、前橋市の上毛新聞敷島球場で開幕し、同球場などで1回戦8試合が行われ、開幕試合は吉井セントラル(高崎)が太田ジャガーズ(吾妻)に勝利した。4日も同球場などで1回戦8試合を行う。決勝は12日、同球場で行われる。

◎32チーム670人 元気に行進…開会式
 開会式では、先頭の太田ジャガーズ(吾妻)から最後尾の大渡ヴィガーズ(前橋)まで、各支部代表32チームの選手約670人が掛け声を出しながら元気よく行進した。

◎新高尾・岡田主将が力強く宣誓
 開会式で新高尾ジャガーズ(高崎)の岡田翔主将が選手宣誓を行った。「令和初めての夏。大好きな野球ができることに感謝し、自分を信じ、仲間を信じて戦う」と誓った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事