新島14年ぶり王者 ソフトボール男子 南部九州インターハイ 2年生バッテリー躍動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14年ぶり6度目の頂点に立った新島学園

 【鹿児島=小山大輔】全国高校総合体育大会(インターハイ)は9日、鹿児島県など南部九州地区で6競技を行い、ソフトボール男子の新島学園が準々決勝で飛龍(静岡)を十回タイブレークの末に3―1で下して4強入り。台風8号による中止日があった影響でトーナメント途中で打ち切りとなり、新島を含む準々決勝の勝者4校が同時優勝した。新島の優勝は14年ぶり6度目。アーチェリー女子個人は羽鳥真菜(高崎商大附)が準々決勝まで進み5位に入った。

 4校同時優勝でも、全国制覇に違いはない。ソフトボール男子の新島学園・神宮孝星主将は「一度も負けることなく終えられた」と王者の喜びに浸った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事