将棋「YAMADAチャレンジ杯」18日に準決勝と決勝 高崎で公開対局
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左上から右に)門倉啓太五段vs藤森哲也五段、黒沢怜生五段vs井出隼平四段
(左上から右に)渡辺弥生女流初段vs山根ことみ女流初段、伊奈川愛菓女流初段vs脇田菜々子女流1級

 若手棋士を対象とする将棋の棋戦「第4回YAMADAチャレンジ杯」と女流棋戦「第5回YAMADA女流チャレンジ杯」の準決勝出場者各4人が14日までに決まった。準決勝、決勝は18日に群馬県のJR高崎駅東口のヤマダ電機LABI1ライフセレクト高崎で公開対局で指される。

◎17日「こどもチャレンジ杯」 三浦九段ら指導対局
 チャレンジ杯は、昨年優勝の大橋貴洸四段を2回戦で破って勝ち上がった藤森哲也五段(32)と門倉啓太五段(32)、昨年に続き準決勝進出の黒沢怜生五段(27)と井出隼平四段(28)が対局する。前日の17日は小中学生を対象とした将棋大会「第18回YAMADAこどもチャレンジ杯」が開かれる。地元の三浦弘行九段(高崎市)、人気女流棋士の中村桃子女流初段らが指導対局に当たる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事