《全国中学大会》競泳アベックV 男子200バタ 伊勢崎一・武 女子800自 高崎寺尾・青木
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子200メートルバタフライを県中学新記録で優勝した伊勢崎一の武
女子800メートル自由形を2連覇した高崎寺尾の青木

 全国中学校大会は18日、京都府など各地で行われ、競泳の群馬県勢は男子200メートルバタフライの武快飛(伊勢崎一)が群馬県の中学新記録となる2分2秒94で初優勝し、女子800メートル自由形は青木虹光(高崎寺尾)が8分48秒88で2連覇を達成した。


◎理想のレースで圧勝劇に笑顔 伊勢崎一・武
 腰の病気から力を発揮し切れずにいた武が、男子200メートルバタフライで圧勝した。中盤まで力を温存して最後の50メートルを全力で泳ぎ切る理想のレースを展開し、「けがをして終わりじゃない。そこで立ち止まらずに努力すれば、結果は出る」と笑顔がこぼれた。

◎中盤から独走で自己記録更新 高崎寺尾・青木
 1年生で中学の頂点に立った舞台で再びの戴冠だ。女子800メートル自由形決勝は2年生の青木が400メートル付近から後続を突き放して圧勝。昨年決勝でマークした自己記録を更新し、今夏目標の8分50秒切りも達成した。「そこがうれしい。気持ちが入りやすい特別な大会」と手応えを覚えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事