《全日本ジュニアテニス》14歳以下女子シングルス 斎藤が準優勝 18歳以下で勝見3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
14歳以下女子シングルスで準優勝した斎藤
18歳以下女子シングルスで3位となった勝見

 テニスの全日本ジュニア選手権が17日まで、大阪市のITCうつぼテニスセンターで行われ、群馬県勢は14歳以下女子シングルスで斎藤咲良(MATテニスアカデミー)が準優勝した。18歳以下女子シングルスの勝見幸璃(同)は3位入賞した。

◎食らい付くも宿敵に苦杯 斎藤、雪辱誓う
 斎藤は12歳ながら、14歳以下女子シングルスのトーナメントを次々と勝ち進み、準優勝を果たした。

 決勝の相手は、ライバルで過去に何度も対戦しているクロスリー真優(ENDEAVOR)。互いの持ち味もよく知っていた。とにかく攻めの気持ちを忘れないようにと試合に向かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事