頂点へ強豪集結 14日から上毛新聞社杯U―12国際親善サッカー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
試合での活躍を誓い、内山社長と気合を入れるファナティコスの大沢主将(手前右)と高崎選抜の七井主将(手前左)ら=上毛新聞社

 サッカーの小学生年代の国内外強豪クラブが集う上毛新聞社杯U―12(12歳以下)国際親善大会が15、16の両日、高崎市の群馬県立榛名公園松之沢グラウンドと倉渕サッカー場で初めて開かれる。14日に開会式を行い、15日から8チームが1次リーグと決勝トーナメントで頂点を目指す。

 14日午後4時半から市榛名林間学校榛名湖荘で上州榛名太鼓による歓迎セレモニーを開き、開会式を行う。15日午前9時半から両会場で市内外のクラブチームを招いて交流戦を行い、同11時20分に1次リーグ開始。16日午前9時半から決勝トーナメントを行う。

◎県勢 優勝へ闘志…高崎選抜のファナティコス
 上毛新聞社杯U―12国際親善大会に地元を代表して出場する高崎選抜とファナティコスの2チーム15選手と関係者が9日、前橋市の同社を訪れ、意気込みを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事