稲垣、堀江、ヴァル パナから3人先発 20日、ロシアと開幕戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアとの開幕戦に向け、笑顔で調整するラグビー日本代表のリーチ=東京都内

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表は18日、ロシアとの開幕戦(20日、味スタ)の登録メンバー23人を発表し、先発には群馬県拠点のパナソニックワイルドナイツから、ともにプロップの稲垣啓太とヴァル・アサエリ愛、フッカーの堀江翔太が入った。フォワード第1列をパナソニック勢が固めた。稲垣は「初戦のプレッシャーに対応できるだけのいい準備ができている」と語気を強めた。

 パナソニック勢では、フッカー坂手淳史とSO・CTB松田力也が控えで出番を待つ。6日に行った南アフリカとの壮行試合で右ふくらはぎを痛めたWTB福岡堅樹は外れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事