桐生ボーイズが連覇 32チームの頂点 上毛新聞社中学生硬式野球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2年連続優勝し、藤生主将を胴上げする桐生ボーイズナイン=上毛新聞敷島
桐生ボーイズ―熊谷リトルシニア 3回表2死二塁、藤生が舘野をかえす勝ち越し打を放つ

 中学生硬式野球の第23回上毛新聞社大会(上毛新聞社主催)の準決勝と決勝が23日、前橋市の上毛新聞敷島球場で行われ、決勝は桐生ボーイズが熊谷リトルシニアを6―4で下し、2年連続3度目の優勝を飾った。最優秀選手賞は大塚智也(桐生ボーイズ)、敢闘賞は菅野天空(熊谷リトルシニア)、首位打者賞は6割6分7厘(6打数4安打)の遠藤翔生(桐生ボーイズ)が選ばれた。大会には群馬県17チームと栃木、茨城、埼玉、神奈川、長野、山梨、新潟、宮城の8県15チームの計32チームが出場した。

 ▽決勝
桐生ボーイズ
004 200 0―6
300 100 0―4
熊谷リトルシニア(埼玉)
▽三塁打 新美、菅野(熊)
▽二塁打 舘野(桐)
▽審判 舘野、五十嵐、国広、加藤


 ○…桐生ボーイズは中盤に打線が機能した。三回に奥村の右前打などで2死一、二塁とし、遠藤、舘野、藤生の3連打で4得点。四回は今野の安打を足場に1死満塁とし、野選と遠藤のスクイズで2点加えた。

 投げては4投手の継投で逃げ切った。4番手の川井は六、七回を三者凡退で締めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事