熊谷で三宅氏とディーンズ監督 スコットランド戦モニターで解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スコットランド-ロシア戦のハーフタイムに登壇する(右から)ディーンズ監督と三宅氏=熊谷市内のファンゾーン

 ラグビーワールドカップを大型モニターで観戦する「ファンゾーン」のイベントが9日、埼玉県熊谷市内で開かれ、群馬県拠点のパナソニックワイルドナイツに在籍した元日本代表の三宅敬氏が、スコットランド―ロシア戦などを解説した。パナソニックのロビー・ディーンズ監督が飛び入り参加した。

 スコットランドが3トライの21点先行でハーフタイムに。三宅氏は「ロシアがトライを取る形がない。まずは敵陣に入り、ラインアウトやスクラムを起点にしたい」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事