バスケ ウインターカップ県予選 前橋育英と桐生商が代表に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(左)桐生商―常磐 第3クオーター、桐商の坂井がシュートを決める=桐生市民体育館、(右)前橋育英―前橋商 第1クオーター、育英の野本がシュートへ向かう

 バスケットボールの群馬県高校選手権兼第72回全国高校選手権(ウインターカップ)県予選は3日、桐生市民体育館で男女決勝を行い、男子は前橋育英が前橋商を95-79で下して10年連続14度目の栄冠を手にし、女子は桐生商が常磐を112-74で破って4年ぶり3度目の頂点に立った。優勝校はウインターカップ(12月23~29日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザほか)に出場する。

 【女子】▽決勝
桐生商 112(27―21)74 常 磐
       (38―12)
       (21―17)
       (26―24)

 【男子】▽決勝
前橋育英 95(22―21)79 前橋商
       (23―13)
       (21―31)
       (29―14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事