全国高校バスケ 12月23日開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 バスケットボールの全国高校選手権(12月23~29日・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザほか)の組み合わせ抽選が13日に行われ、群馬県勢は男子の前橋育英が1回戦で別府溝部学園(大分)と、女子の桐生商は1回戦で盛岡白百合学園(岩手)と対戦することが決まった。育英は23日午後5時20分に同プラザで、桐商は同日午後2時に東京・エスフォルタアリーナ八王子で初戦を迎える。

 育英の加賀谷寿監督は別府溝部学園について「留学生がおり、高さがあるチーム。留学生を抑える対策を考えたい」と話した。2回戦には全国高校総体4強のシード報徳学園(兵庫)が控えており、「一戦一戦やっていく」と気を引き締めた。

 桐商の西條佑治監督は1回戦を「力は五分五分。しっかり準備すれば勝算はある」と見据えた。盛岡にはインサイドに強力な選手がいるといい、「相手のやりたいことをさせないようにしたい」と力を込めた。2回戦以降、強豪と当たる公算が大きいだけに初戦で流れに乗れるか注目だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事