唐沢剣也が群馬県勢初の東京パラ内定 陸上男子5000メートル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子5000メートル(視覚障害)決勝 力走する唐沢剣也(右)=ドバイ(共同)

 パラ陸上の世界選手権第8日は14日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、男子5000メートル(視覚障害T11)で初出場の唐沢剣也(県社会福祉事業団、県立盲学校出身)が15分48秒21で銅メダルを獲得し、東京パラリンピック代表に内定した。25歳の唐沢は初代表。東京五輪を含め、群馬県関係では代表選出第1号となる。

 群馬県在住選手が夏季パラリンピック代表となるのはロンドン大会以来、2大会ぶり。渋川市出身の唐沢は茂木洋晃(農大二高出身)と星野和昭(元上武大駅伝部コーチ)を伴走者に付け、終盤に追い上げて表彰台をつかんだ。

 唐沢は2018年に行われたアジアパラ大会の同種目で優勝、男子1500メートル(視覚障害T11)でも3位の成長株。今大会で日本選手は各種目4位以内に入ると代表に内定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事