ビックカメラが2年ぶり栄冠 女子ソフトボール決勝トーナメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2年ぶりの優勝を決め、岩渕監督を胴上げするビックカメラ高崎ナイン=横浜スタジアム

 【神奈川=田中暁】ソフトボールの日本リーグ女子1部決勝トーナメントは17日、横浜スタジアムで3位決定戦と決勝を行い、ビックカメラ高崎は3位決定戦でトヨタ自動車を5―1で破り、決勝はホンダに1―0で競り勝ち、前身のルネサス高崎を含めて2年ぶり12度目の栄冠を手にした。主戦上野由岐子は2試合完投で271球を投げ、最高殊勲選手に輝いた。

 ▽3位決定戦
ビックカメラ高崎(リーグ1位)
001 200 2―5
001 000 0―1
トヨタ自動車(リーグ4位)

【ビ】上野―我妻
【ト】アボット―峰
▽本塁打 市口、我妻(ビ)


 ▽決勝
ビックカメラ高崎
000 001 0―1
000 000 0―0
ホンダ(リーグ2位)

【ビ】上野―我妻
【ホ】フォード―田井

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事