全国高校サッカー 群馬代表の初戦は神村学園(鹿児島)と
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第98回全国高校サッカー選手権(12月30日~来年1月13日)の組み合わせ抽選が18日、東京都内で行われ、群馬県代表は神村学園(鹿児島)と大会第2日の31日午後0時5分から、さいたま市の浦和駒場スタジアムで対戦することに決まった。

 群馬県代表は24日に行われる、県大会決勝の前橋育英―健大高崎の勝者となる。

 前回覇者で23大会連続出場の青森山田は初戦の2回戦で米子北(鳥取)と対戦。夏の全国高校総体で初優勝を果たした桐光学園が県大会の準決勝から登場する神奈川県代表は2回戦で広島皆実と当たる。前回準優勝の流通経大柏、市船橋などが出場を争う千葉県代表も2回戦からで、日章学園(宮崎)とぶつかる。

 開会式の後に行われる開幕戦は国学院久我山(東京B)と前原(沖縄)の顔合わせとなった。選手宣誓は日章学園の阿部稜汰主将が務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事