勝率こだわり結果を 西武ドラフト5位の柘植世那が意気込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西武への入団を決め、「勝てる捕手になりたい」と意気込む柘植

 群馬県の健大高崎高で甲子園に春夏3度出場した強肩強打の捕手、柘植世那(ホンダ鈴鹿)が、今秋のプロ野球ドラフト会議で西武から5位指名された。高校時代の指名漏れから4年。社会人で経験を積んで心身共に成長した22歳が、憧れのプロ入りを前に意気込みを語った。

―指名から少し時間がたち、どんな気持ちか。
 プロで結果を出さないと意味がないと、気が引き締まっている。ドラフト解禁1年目(社会人3年目)に指名がなく今年に懸けていたから、指名直後はほっとした気持ちが大きかった。どこまで自分が通用するか不安もあるが、毎日野球だけに集中できるのは初めてのことで楽しみ。外国人バッターとの対戦も楽しみだし、(前橋育英高出身の)高橋光成さんのボールも受けてみたい。

―ドラフトでは、自分のどんな部分が評価されたと思うか。
 捕手としてのリード面と、バッティングの勝負強さ。今季はチャンスで打てたので、そこが良かったと思う。毎年バッティングの形を少しずつ変えていたが、今季は安定してきた。大きく足を上げて、体の前で打つイメージがしっくりきている。

―ホンダ鈴鹿では都市対抗野球や日本選手権に出場。2年目からは正捕手として経験を積んだ。社会人の4年間で学んだことは。
 高校時代は変化球を使っておけば大丈夫だと思っていたけど、社会人1年目に試合で打たれて負けることが多かった。そこで自分の配球が原因で負けていることに気付いた。打者の特徴を研究して試合で試していろいろな経験を積む中で、インコースの使い方といった配球面のことを多く学んだ。今は配球が自分の強みになり、すごく経験して良かったと思える4年間だった。

―精神的にも成長した。
 高校時代は「自分はいける」って強気なだけだったが、今は自分を客観的に見ることができるようになった。社会人でプレーする中でいろいろな選手を見ることで、どういう選手がプロで活躍するのか分かってきたことが大きい。プレーだけじゃなく、試合や練習の態度も大切にしようと思えた。社会人としての立ち振る舞いや心構えを学べたこともプラスになった。

―プロでの目標は。
 勝率にこだわり、勝てるキャッチャーを目指す。厳しい世界の中で、評価されるためには勝つしかない。1年目が肝心なので、1軍にいられるようにしたい。厳しいプロの世界でチャンスをつかめるよう、このオフはけがをしない体をしっかりつくって西武の練習に入りたい。

 つげ・せな 1997年6月生まれ。174センチ、83キロ。捕手。右投げ右打ち。高崎矢中中―健大高崎高。中学時代は藤岡ボーイズで全国ベスト8。健大では3季連続で甲子園に出場し、2年夏と3年春は8強入り。趣味は海釣り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事