全国はどちらに 高校サッカー 前橋育英vs健大高崎 24日決勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
攻守で質の高さが光る前橋育英(上)準決勝の桐生第一戦は相手のボールを中盤で断ち、決定機をつくらせなかった/初の決勝進出を決め勢いに乗る健大高崎(下)準決勝の高経附戦で途中出場のMF榊原(18)がゴールを決めるとメンバー全員で喜んだ
 

 サッカーの第98回全国高校選手権群馬県大会は24日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬で決勝を行い、6連覇を目指す前橋育英と初優勝を狙う健大高崎が対戦する。パスサッカーの育英か、堅守速攻の健大か。スタイルの異なる両校が激突する。キックオフは午前10時10分。

◎3試合で16得点 抜群の攻撃力 前橋育英
 前橋育英は伝統のパスワークを軸にチームを構築。今大会は3試合計16点の攻撃力で勝ち上がった。全国切符を勝ち取り、2大会ぶりの全国制覇を目指す。

◎セットプレー 競り合いで活路 健大高崎
 健大高崎は今夏のインターハイ県予選で、県大会初の決勝進出。この試合は前橋育英に1―2で敗れた。篠原利彦監督は「相手の攻撃を粘って守り、PKのワンチャンスで得点しただけ。(選手権)決勝では攻撃面で面白いことができるようにしたい」と意気込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事