《春高バレー》女子の西邑楽 フルセット敗退 男子の前橋商も惜敗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西邑楽―城南(徳島) 第3セット、西邑楽の鹿子島(右)がスパイクを決める=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ
前橋商―東山(京都) 第1セット、前橋商・清水(右)のスパイクがブロックを破る

 【東京=宮崎浩治、田中暁】バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)が5日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して男女の1回戦を行い、群馬県勢は男子の前橋商(3年連続13度目)が東山(京都)に0―2で敗れ、女子の西邑楽(2年連続6度目)は城南(徳島)にフルセットの末に1―2で惜敗し、ともに初戦で姿を消した。

 【女子】▽1回戦
城南(徳島)2(25―18)1西邑楽
(24―26)
(25―22)

 【男子】▽1回戦
東山(京都)2(25―14)0前橋商
(25―11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事