《都道府県対抗男子駅伝》石田が15人抜き区間2位 群馬15位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
区間2位の走りで15人抜きした5区石田(農大二高)=広島県廿日市市・第4中継所(JR阿品駅南)付近
区間3位の好走を見せた4区伊井(農大二高)=広島県廿日市市・第4中継所(JR阿品駅南)付近
6区高草木(みどり笠懸南中、右)からたすきを受け、走りだす7区清水(SUBARU)=広島市・第6中継所(草津橋)

 第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、昨年2位の群馬県は2時間19分43秒で15位だった。2014年にマークした群馬県の過去最高記録を13秒上回ったものの、前半区間の出遅れが響き、同年から6年続いた入賞を逃した。5区(8.5キロ)の石田洸介(農大二高)は区間記録まで2秒と迫る23分57秒、区間2位の走りで15人を抜いた。

 【群馬個人成績】
▽1区(7キロ) 北村光(樹徳高)20分17秒(総合24位、区間24位)
▽2区(3キロ) 樺沢温輝(前橋富士見中)9分31秒(総合39位、区間47位)
▽3区(8.5キロ) 千明龍之佑(早大)24分39秒(総合37位、区間28位)
▽4区(5キロ) 伊井修司(農大二高)14分16秒(総合33位、区間3位)
▽5区(8.5キロ) 石田洸介(農大二高)23分57秒(総合18位、区間2位)
▽6区(3キロ) 高草木架月(みどり笠懸南中)9分7秒(総合19位、区間34位)
▽7区(13キロ) 清水歓太(SUBARU)37分56秒(総合15位、区間13位)
……………………………………………………
ゴール 2時間19分43秒 総合15位

 《レース経過》 1区北村は、5キロすぎに先頭集団から遅れ始め、トップと31秒差でたすきリレー。2区樺沢はハイペースの中で苦戦し、3区千明も単独走で力を出せずに37位でつないだ。4区伊井が積極的に飛ばして4人を抜くと、5区石田が一気に15人抜き。6区高草木も粘り、7区清水は後ろから来た選手の力を借りながら15位まで押し上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事