スキー国体県予選 成年男子Bは大竹 成年女子Bは野口が制覇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
成年男子B大回転 47秒38で優勝した大竹(片品村役場)=ホワイトワールド尾瀬岩鞍
成年女子B大回転 53秒09で優勝した野口(高崎SA)

 スキーの第75回国民体育大会冬季大会群馬県予選は20日、ホワイトワールド尾瀬岩鞍で男女の大回転を行い、成年男子Bは大竹凜(片品村役場)、成年女子Bは野口沙織(高崎SA)が優勝した。

 ▽成年男子B大回転
(1)大竹凜(片品村役場)47秒38
(2)林卓治(高体連)49秒10
(3)住谷優太(高崎SA)49秒18
(4)石井優(水上SC)51秒57
(5)沢部慧(高崎SA)54秒13

◎経験生かし成年トップ 成年男子B 大竹
 成年男子Bは大竹が2位に1秒72差、同じコースを滑る成年の中でトップの47秒38で優勝した。「幼い頃から通うスキー場だから、コースの感覚がしみ付いている。経験が生きた」と振り返った。

 この日、湿った雪で足元が緩く、振り幅のあるコースにも「好きな条件」と自信があった。体を大きく傾けて深く回り、ターンの方向を切り替えるタイミングを素早くしたことで、速さを保った。

 ▽成年女子B大回転
(1)野口沙織(高崎SA)53秒09
(2)多胡和純(同)53秒82

◎息子の応援支えに奮闘 成年女子B 野口
 ○…成年女子Bは野口沙織(高崎SA)が53秒09で制した。競技歴30年以上のベテランは「1位になれるのはやっぱりうれしい」と喜んだ。

 「本気で国体の上位を目指そう」とオフシーズンは通勤前の朝4時半から1時間、ランニングと筋力トレーニングを行った。その姿を見ていた中学3年の息子が「お母さんが国体選手で誇らしいよ」と言ってくれたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事