《今季に懸ける》楽天・捕手 岡島豪郎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1軍へ完全復活を誓う岡島

 楽天の岡島豪郎は昨季、外野手から本職だった捕手に復帰したが、2度の手術で長期離脱を余儀なくされた。今季、完全復活して1軍での活躍を誓う。

 ―昨季を振り返って。
 手術をしたことは大きかったが 、前のことを振り返っても仕方ない 。目の前のことに集中して進むだけ。

 ―8年間のプロ生活で初めて1軍公式戦出場がなかった。
 2軍にいたことで収穫はあった。若手が試合に出るために必死に戦う姿はすさまじく、自分ももっと、がつがつしていいんだと思えた。

 ―嶋基宏捕手がヤクルトに移籍し、他の選手との正捕手争いが予想される。アピールポイントは。
 打撃は絶対に負けない。手術後に良くなった部分と、今までの癖からくる違和感を自主トレなどで調整したい 。守備は一人の人間として投手に信頼されるように私生活から意識する。

 ―今季の意気込みを。
 チームの優勝を大前提に、まずは自分のできることを一つずつこなす。1年間通して1軍にいたい。

 おかじま・たけろう 1989年9月生まれ、関学附高―白?大出身▽昨季成績(イースタン・リーグ)26試合 15安打 7打点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事