高経附が11年ぶり頂点 県高校新人サッカー PK戦で前商下す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高経附-前橋商 延長後半9分、高経附のFW柴田(右端)がヘディングで同点弾を決める=県営サッカー場

 サッカーの群馬県高校新人大会最終日は9日、前橋市の県営サッカー場で決勝を行い、高経附がPK戦の末に前橋商を下し、11年ぶり2度目の頂点に立った。0―0の延長前半7分に前橋商のFW坂本治樹が先制点を挙げたが、同後半9分に途中出場していた高経附のFW柴田達輝が同点弾を決めた。PK戦で高経附は3人が成功し、前商は3人失敗で勝負が決まった。

高経附 1(0―0)1 前橋商
     (0―0)
     (0―1)
     (1―0)
   (PK3―0)

▽得点者
【高】柴田(補=松本)
【前】坂本(補=大熊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事