《ラグビートップリーグ》パナ、首位守れ 東芝と全勝対決 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂手主将(左)からラインアウト時の球の投げ入れ方の指導を受ける島根=13日、太田市龍舞町

 ラグビーのトップリーグ(TL)は15、16の両日、5会場で第5節を行う。本県拠点のパナソニックワイルドナイツ(勝ち点20、1位)は15日午後2時から、ホームの埼玉・熊谷ラグビー場で東芝(同18、3位)と対戦する。4戦全勝対決を制し、王座奪還への勢いを加速させたい。

 パナソニックはキヤノンと対戦した前節、開始直後のレッドカードで14人となったものの、数的不利を鮮やかにはね返した。ただ、フッカー坂手淳史主将が7節までの出場停止処分を受け、今節も大黒柱を欠く。日本代表の堀江翔太が先発フッカーを務め、天理大卒新人の島根一磨が控えで初めてメンバー入りした。

 しまね・かずま 1996年11月生まれ。奈良・天理高―天理大。大学3年までフランカーを務め、運動量に自信がある。昨年のジュニア・ジャパンに選ばれた。トレードマークは笑顔。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事