ザスパ サンダーズ ペガサス 警戒度引き下げも正常化まだ遠く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1万1000人が駆けつけたザスパのJ2復帰戦。リーグ再開を待ち望むファンは少なくない=2月23日、正田醤油スタジアム群馬
閉館が続いてきたALSOKぐんまアリーナ。群馬県スポーツの拠点として再開が待たれる=4月27日、前橋市

 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた各種自粛要請について、群馬県は16日、独自指針に基づく警戒度を従来の4から3に引き下げ、外出自粛や休業要請を一部解除した。県有施設も感染予防を徹底した上で順次再開する方針。プロ、アマを問わず厳しい環境に置かれていた群馬県スポーツ界はようやく正常化に向かうが、「かつての日常に戻るには、まだ時間がかかる」と慎重な声が多い。

 群馬県のプロ球団、サッカーJ2のザスパクサツ群馬とバスケットボールB2の群馬クレインサンダーズ、野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは、県の警戒度引き下げを冷静に受け止めた。Jリーグはシーズン中断中で、Bリーグはシーズン途中で打ち切り、BCリーグは開幕が先送りになっている。練習場所の確保をはじめ活動が制限されており、正常化は死活問題だ。

◎施設管理団体やアマ競技団体 活動再開へ着々
 県の警戒度引き下げに伴って公営施設の開放が始まり、各競技団体は徐々に活動再開に向かう。屋外施設の利用可否など自治体によって自粛の度合いが異なったために生じた競技環境の格差も、解消が進むとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事