「世界驚かす」 上正原(高崎) スカイランニング日本代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山地を駆け降りる山岳ランナーの上正原。本年度のスカイランニング日本代表に選出され、「世界を驚かせたい」と意気込む

 山岳ランナーの上正原真人(高崎市)が、本年度のスカイランニング日本代表に選ばれた。昨年10月の日本選手権で優勝して代表権を獲得。来年スペインで行われる世界選手権に出場する。本格的に競技を始めて2年目。今春、大学を卒業してプロとなった23歳は「どんなレースに出ても勝つことが目標」と頂点を目指す。

 標高2000メートル以上の高地を走るスカイランニングで、昨年は全5戦のジャパンシリーズに初参戦。5月の第2戦で15位に入って弾みをつけると、日本選手権に位置付けられた10月の第4戦のミドル(32キロ)で見事優勝を果たした。このレースは序盤からハイペースの展開。得意の上り基調で順位を上げて首位に躍り出ると、そのまま逃げ切ってゴール。「まさかという感じで、実感が湧かなかった」と振り返る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事