日本高野連が甲子園での交流試合発表 群馬から健大と桐一が招待
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(上)交流試合実施が決まり握手を交わす健大高崎の青柳監督(左)と戸丸主将=同校グラウンド (下)桐生第一の味戸校長から交流試合開催の報告を受ける3年生=同校野球部グラウンド

 日本高野連は10日、ウェブ会議による理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行うと発表した。「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」とし、日本高野連が主催する。群馬県からは、健大高崎高と桐生第一高が招待される。

 日程は8月10~12日と15~17日の計6日間。雨天の場合は順延する。感染拡大防止の観点から1日3試合以内とし、延長戦は行わない。現時点では無観客が原則で、学校関係者の入場については、今後の感染状況の推移を見ながら検討する。出場校が参加しての開会式は実施せず、対戦カードは7月18日に各校主将によるオンライン抽選会で決定する。

 ベンチ入りは例年の18人から2人増の20人。招待人数は、部長、監督、記録員1人、補助員5人ら合計30人以内とすることになった。

 宿泊は前日と試合当日の最大2泊が原則。関東から西の出場校は公共交通機関を使わず、地元から貸し切りバスで来場するなど感染防止対策に努めるとしている。今後、実行委員会を立ち上げ、運営の準備を進めていく。

 日本高野連の八田英二会長は「交流試合の決定は、日本高野連の挑戦であり、新たな挑戦に向かう高校球児へのメッセージ。悔いのないように交流試合に臨んでください」と語った。

 選抜大会は3月に史上初の開催中止が決定。その際に八田会長は出場校への“救済措置”を検討する意向を示していた。

 例年であれば、甲子園球場では8月に全国高校野球選手権大会が開かれているが、新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会と出場権を懸けた地方大会が中止になった。各地の都道府県高野連では、夏の地方大会に代わる独自大会を開催する動きが出ている。

 健大高崎高の加藤陽彦校長は「(全国大会が中止となった)他の部のことを考えると複雑な気持ちだが、選手には甲子園に立てる機会を得たことに感謝して思い切りプレーしてほしい」と話した。桐生第一高の味戸克之校長は「選抜や夏の大会の中止でつらい思いをした3年生に、良い報告ができてうれしい。1試合でも甲子園の土を踏んで、頑張ってもらいたい」と述べた。

◎中止の悲しみ乗り越え 健大・桐一の球児から喜びの声
 日本高野連が、今春中止となった選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた全国32校による交流試合を甲子園で行うと発表した10日、県内対象校の健大高崎と桐生第一は喜びに包まれた。両校の選手からは「早くやりたい」「憧れのマウンドに立てる」などの声が上がった。

■「強豪と戦いたい」健大高崎・戸丸主将
 「目の前が真っ暗だったのが、晴れたような感覚」。吉報が飛び込み、健大高崎の戸丸秦吾主将は喜びをかみしめた。一度は諦めた甲子園の土を踏めることになり、「うずうずしている。(試合を)早くやりたい」と待ち切れない様子を見せる一方、「関東代表としてのプライドを持って臨む」と気を引き締める。

 対戦したい相手を問われると「(関西強豪の)大阪桐蔭や履正社とやりたい」と希望。昨秋の明治神宮大会の決勝で惜敗した中京大中京(愛知)も挙げ、「リベンジしたい」と意欲を燃やした。

 青柳博文監督は春と夏の甲子園が中止となり、強豪大学やプロを目指す3年生のアピールの場が失われたことを心配していた。そのため、今回の決定に「甲子園に行くことによって選手の進路が広がる」と胸をなで下ろす。

 ベンチ部員は3年生で編成する考えを示し、「32人いるので競争になる。当面は活動時間が短縮されるため、効率良く練習したい」と話した。

■「鳥肌止まらない」桐生第一・広瀬主将
 「つまり、皆さんは一度諦めた甲子園の土を踏むことができる」。桐生第一の味戸克之校長は野球部のグラウンドで、何も知らずに集まった3年生部員29人に吉報を伝えた。部員は表情こそ崩さなかったが、広瀬智也主将は「鳥肌が止まらなかった。どういう表情をして良いか分からなかったけど、すごくうれしい」と感極まった様子だった。

 味戸校長に続き、今泉壮介監督が「(交流試合の開催は)当たり前のことじゃない。感謝の気持ちを持って、いろんな人の思いを背負ってやっていこう」と呼び掛けた。昨秋の公式戦で背番号1を背負った左腕宮下宝は「1試合でも憧れのマウンドに立てるのはありがたい」と目を輝かせた。

 ドラフト指名を狙う選手にとっても朗報だ。プロ志望届を提出する予定の右腕蓼原慎仁は、昨秋の関東大会で登板機会がなかったものの、一冬超えて直球の威力が増した。「選抜でアピールするつもりだったが、もう一度チャンスをもらえた。甲子園では150キロを投げたい」と意気込んだ。

◎山本知事「思う存分力を発揮して」
 日本高野連の対応について、山本一太知事は「目標に向かって努力してきた高校球児の気持ちを考えると、とてもうれしいニュースで歓迎したい。日本高野連には、万全な感染防止策を取って開催してくれるものと期待している。思う存分に力を発揮して、生涯に残る思い出を作り、新しい目標に向かって進んでほしい」とのコメントを出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事