館林ボーイズが初制覇 全国へ 日本少年野球選手権群馬県予選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初優勝を果たし喜びを分かち合う館林ボーイズの選手=桐生
桐生ボーイズ―館林ボーイズ 完封した館林の半田
三賞を受賞した(左から)桐生の森、館林の根岸、桐生のドミンゴス

 中学生硬式野球ボーイズリーグの第51回日本少年選手権群馬県支部予選は12日、桐生球場で準決勝と決勝を行い、決勝は館林ボーイズが桐生ボーイズを1-0で破り、初優勝した。館林ボーイズは全国大会(8月、大阪)に出場する。

 ▽決勝
桐生ボーイズ
 000 000 0-0
 100 000 ×-1
館林ボーイズ


 ○…館林の先発半田が5安打完封。後半は毎回得点圏に走者を背負ったが、打たせて取る投球が光り、先取点を守り切った。打線は初回、内野安打の先頭今成が盗塁とバントで三進、根岸の内野ゴロでかえった。

 桐生の先発駒場も力投。二回以降のピンチに後続を断った。打線は後半、先頭打者が出る都度、丁寧に送ったが一本が出なかった。

◎最優秀選手賞に館林の根岸 ボーイズリーグ3賞
 12日に行われた中学生硬式野球ボーイズリーグの第51回日本少年選手権県支部予選で、優勝の館林ボーイズ、準優勝の桐生ボーイズから計3人が三賞に選出された。最優秀選手賞に根岸聖也(館林)、敢闘賞にドミンゴス・キヨシ(桐生)、首位打者賞に森颯良(同)が選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事