《陸上県選手権》古沢(前橋育英高)県高校・大会新V 男子400Rは農二高
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子棒高跳び決勝 5メートル31の県高校新記録、大会新記録を樹立した前橋育英高の古沢=正田醬油スタジアム群馬
男子400メートルリレー決勝 農大二高の3走佐藤(右)からバトンを受ける4走柳田

 陸上の群馬県選手権が18日、前橋市の正田醬油スタジアム群馬で開幕し、男子棒高跳びの古沢一生(前橋育英高)が5メートル31の県高校新記録、大会新記録で優勝した。自身が昨春の県高校総体で跳んだ県高校記録、2012年に田中充(当時群馬大)がマークした大会記録のともに5メートル30を1センチ更新した。

 男子400メートルリレーを制した農大二高は予選で40秒44の大会新記録を樹立した。男子円盤投げは堤雄司(ALSOK群馬)が56メートル38、女子1500メートルは清水真帆(ヤマダ電機)が4分21秒22、女子棒高跳びは諸田実咲(中大)が4メートル00と実力者がそろって大会新記録を出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事