世界ヘビー級王座誓う 甲子園Vの育英出身・田村ハヤトが決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
護摩修行をする田村(提供写真)

 2013年夏の甲子園で前橋育英高の外野手として優勝に貢献し、昨年9月にプロレスデビューした田村ハヤト(JUST TAP OUT)が18日、横浜市の真照寺で護摩修行し、ZERO1新木場1stRING大会(27日)での世界ヘビー級王座奪取を誓った。

 王者のクリス・ヴァイスに挑む。精神強化のため、35度近い猛暑の中で炎に向き合った。「熱かったが、普段とは違った経験。いい鍛錬ができた」と汗だくで語った。

 ヴァイスについては 映像などで研究済みという。「スピードで翻弄ほんろうして勝機を見いだしたい。キャリア11カ月で王座を取り、歴史に名を刻む」と意欲を燃やした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事