集大成8強狙う 鈴木花野(沼女) 女子フルーレ、サーブル 高校フェンシング全国代替大会 きょう開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「強い選手と戦って、良いところを吸収したい」と意気込む鈴木

 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校総体(インターハイ)フェンシングの代替で開かれる全国規模のオープン大会「ハイスクールジャパンカップ2020」が25~27日、神奈川・星槎(せいさ)レイクアリーナ箱根で行われ、女子のフルーレとサーブルに鈴木花野(沼田女)が出場する。高校生活の集大成として「自分の力が全国でどこまで通用するのか試したい。ベスト8を狙う」と燃えている。

 大会は歴代五輪代表ら有志が企画し、クラウドファンディングなどで資金を集めて開催。2016年リオデジャネイロ五輪に出場した見延和靖(ネクサス)や青木千佳(同)も賛同者に名を連ねた。憧れの選手の協力に「本当にうれしい。目標ができて、一気にモチベーションが上がった」と感謝を口にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事