男子100・柳田、男子棒高跳び・古沢 全国1位 全国高校リモート陸上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県高校対抗大会男子100メートルで10秒32をマークして全国1位になった柳田(農大二)=5日、正田醤油スタジアム群馬
県高校対抗大会男子棒高跳びで5メートル20をクリアして全国1位になった古沢(前橋育英)=5日、正田醤油スタジアム群馬

 日本陸連は29日、インターハイの代替として各都道府県指定大会の記録を通信制で競う「全国高校リモート陸上選手権」の結果を発表し、県勢は男子100メートルの柳田大輝(農大二)が10秒32(1099.0点)、同棒高跳びの古沢一生(前橋育英)が5メートル20(1048.0点)で1位に輝いた。いずれも5日に前橋市の正田醤油スタジアム群馬で開かれた県高校対抗大会の成績に基づく。

 選手権は追い風や向かい風を加味した得点が設定され、予選や決勝など複数回の試技やレースを行った際は、最も得点の高い記録を採用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事