スバル惜敗、敗者復活へ 日本製鉄鹿島に1-2 都市対抗大会北関東予選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本製鉄鹿島―スバル 七回から九回まで無安打と力投したスバルの角田=太田市運動公園

 社会人野球の都市対抗大会北関東2次予選第3日は1日、太田市運動公園野球場で準決勝を行い、本県のSUBARU(スバル、太田市)は1-2で日本製鉄鹿島(鹿嶋市)に惜敗した。スバルは第2代表を決める敗者復活トーナメントに回り、2日午前11時半から茨城トヨペット(水戸市)と敗者復活2回戦を戦う。第1代表を決める決勝は日本製鉄鹿島―日立製作所(日立市)の茨城勢同士の対戦となった。

▽準決勝
日本製鉄鹿島(鹿嶋市)
000101000―2
000000001―1
SUBARU(太田市)


 ○…スバルは八回まで散発5安打と苦戦した。2点を追う九回、先頭森下の中前打を足場に川口の右前適時打で1点差に迫った。さらに2死二塁の同点機を迎えたが、後続が倒れた。

 投手陣は先発川上が6回を3安打2失点。2番手の角田が残りを無安打に封じ、力投した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事