陸上日本選手権 男子100決勝 農大二の柳田大輝が堂々7位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子100メートル決勝 桐生祥秀やケンブリッジ飛鳥(左)らと走り、10秒43で7位に入った柳田(農大二高、右)

 日本代表経験者がずらりと並んだ男子100メートル決勝。会場中の注目が集まる中、高校2年生の柳田大輝(農大二高)が10秒43で7位に入った。「決勝を走れたことは大きいが、最後は力が入って自分の動きができなかった」と悔しそうな表情。高校生で唯一の決勝進出にも満足しない向上心をみせた。

 大舞台を経験し、23日からの全国高校大会2020に挑む。「しっかり勝ちたい。(自己ベストの)10秒27もターゲットにする」。群馬県高校記録を塗り替えるつもりだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事