ぐんまウェブマラソン大使に内藤さんと長谷川さん 10キロに挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内藤聡さん(左)と長谷川香奈子さん

 第30回ぐんまマラソン(中止)の代替イベント「ぐんまウェブマラソン2020」(11月3~16日・県、上毛新聞社主催)の事務局は5日、エフエム群馬の情報番組パーソナリティーの内藤聡さん(45)=藤岡市出身=と東吾妻町観光大使でプロスカイランナーの長谷川香奈子さん(38)=同町出身=を「ぐんまウェブマラソン大使」に任命した。

 申し込み締め切りの13日が迫り、大会の盛り上げ役を担う。2人は同マラソンの10キロにエントリー。各自のSNSで練習の様子などを発信し、11月3日付の上毛新聞特集紙面で意気込みを語る。

 内藤さんは「日ごろ運動不足の私も、妻とチャレンジします。皆さん、楽しみながら一緒にいい汗かきましょう」とコメントした。

 長谷川さんは「最近、標高2000メートル級の登山ですぐに息が上がってしまい、トレーニング不足を痛感しました。平地や道路を走るロードは苦手ですが、頑張ります」と抱負を述べた。

 ウェブマラソンは100キロ、フル(42.195キロ)、10キロの3コースがあり、スマートフォンアプリ「TATTA(タッタ)」を使い、期間中の累積距離で完走を目指す。参加費2000円(別途手数料220円)。大会ホームページかエントリーサイト「ランネット」で13日までに申し込む。

 問い合わせは同社営業局事業部(027-254-9955、メール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事