女子ソフト日本リーグ高崎大会 ビックカメラ高崎が連勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビックカメラ高崎―SGホールディングスグループ 1回裏ビック1死二、三塁、山内の中前適時打で三走内藤に続き二走山本(25)が生還して3点目=高崎市ソフトボール場
5回1/3を無失点と好投し、誕生日を白星で飾ったビックカメラ高崎の勝股=高崎市ソフトボール場

 ソフトボールの日本リーグ女子1部は11、12の両日、各地で第8節を行い、群馬県の高崎市ソフトボール場「宇津木スタジアム」で無観客で開かれた高崎大会で、ビックカメラ高崎がシオノギ製薬を8-0、SGホールディングスグループを11-3で下して2連勝した。別会場の太陽誘電は11日にデンソーに0-4で敗れたが、翌日に先発藤田倭が初の無安打無得点試合を達成して戸田中央総合病院に4-0で快勝した。県勢両チームは通算5勝2敗の2位タイに並んだ。残り4戦で、次戦は17日、ビックがデンソー、誘電が日本精工と対戦する。

 ▽第8節(11日)
ビックカメラ高崎
 000 020 6-8
 000 000 0-0
シオノギ製薬


デンソー
 1102000-4
 0000000-0
太陽誘電


 ▽第8節(12日)
SGホールディングスグループ(2勝5敗)
 210 000 0-3
 504 002 ×-11
ビックカメラ高崎(5勝2敗)


戸田中央総合病院(2勝5敗)
 000 000 0-0
 031 000 ×-4
太陽誘電(5勝2敗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事