箱根駅伝予選会 上武大は14位 2年ぶりの本戦出場ならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スタート前に打ち合わせをする上武大
予選会で力走する各校の選手たち=陸上自衛隊立川駐屯地周回コース(代表撮影)
選手にエールを送る来場者

 第97回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝、来年1月2、3日)の出場権10枠を懸けた予選会が17日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地の周回コース(ハーフマラソン、21.0975キロ)で46校が参加して行われ、群馬県の上武大は14位となり2年連続で本戦切符を逃した。

 各校上位10人の合計タイムで争い、上武は10時間36分44秒だった。群馬県勢はほかに、育英大が11時間1分16秒で30位、高崎経大が11時間35分28秒で33位だった。

 例年は駐屯地をスタートし国営昭和記念公園にゴールしていたが、今年は新型コロナウイルスの影響でコースを変更、無観客で実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事