全日本距離別スケート 男子500・新浜2位 女子3000・佐藤2位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子500メートル 34秒91で2位となった新浜=エムウエーブ(写真:アフロ/JSF)
女子3000メートル 4分9秒94で2位となった佐藤(写真:アフロ/JSF)

 スピードスケートの全日本距離別選手権は23日、長野市のエムウエーブで開幕し、男子500メートルは3連覇を狙った新浜立也(高崎健大職)が34秒91の2位となり、村上右磨(高堂建設)が34秒72で4年ぶりの優勝を飾った。同5000メートルは土屋良輔(メモリード、嬬恋高出身)が6分27秒83の4位で2連覇を逃した。

 女子3000メートルは佐藤綾乃(ANA、高崎健大出身)が4分9秒94で2位、小野寺優奈(富士急、同)も3位に入った。観客を入れて25日まで行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事