《全国高校サッカー県大会》4強そろう 新島学園が4年ぶり進出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高経附―新島学園 PK戦を制して喜ぶ新島=コーエィ前橋フットボールセンター
前橋―共愛学園 前半7分、共愛のMF松島(右)がゴール前で右足を振り抜いて先制=前橋総合運動公園群馬電工陸上競技場・サッカー場

 高校サッカーの第99回全国選手権群馬県大会第4日は25日、県内各地で準々決勝4試合を行い、新島学園が1-1からのPK戦の末に県新人大会優勝校の高経附を破った。共愛学園は3-2で前橋との接戦を制した。桐生第一、前橋商も準決勝に駒を進めて、4強が決まった。

 大会第5日は11月1日、準決勝2試合を行う。

 ▽準々決勝
新島学園 1(0-0)1 高経附
      (1-1)
    延長(0-0)
      (0-0)
    PK(4-1)

共愛学園 3(3-1)2 前橋
      (0-1)

桐生第一 2-1 常 磐
前橋商 2-0 伊勢崎工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事