群馬銀行 狙え連覇 バレー女子V2きょう開幕 技術磨き底上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開幕を前に実戦練習に汗を流す群馬銀行
就任後初のシーズンに臨む群馬銀行の高橋監督

 バレーボールのVリーグ女子2部(V2)が31日に開幕する。群馬県の群馬銀行グリーンウイングスは11月1日、長野・上田市自然運動公園総合体育館で、ルートインホテルズと開幕戦を戦う。昨季は2位以下を引き離して初優勝したものの、1部(V1)姫路との入れ替え戦で完敗。今季は高橋悠新監督の下に新戦力が加わり、リーグ2連覇とV1昇格を目指す。

 昨季優勝メンバーから6人が抜け、V2広島から移籍のアウトサイドヒッター中田唯香、大卒ミドルブロッカー伊藤寿奈、高卒セッターの藤原愛が新たに加わった。高さのある選手が抜けた分、技術面に磨きをかけている。基礎を一から見直したことに加え、昨季リーグ最下位だったサーブの得点や効果率の改善に力を入れた。高橋監督は「簡単なプレーの確実性を高め、抜け目のないチームをつくってきた」と個々の能力の底上げを示す。

 新型コロナウイルスの影響で今年の大会は軒並み中止、対外試合は一切行えなかった。ぶっつけ本番で迎えるリーグ戦に向け、チームスタイルの完成を求めながら、白星を重ねなければならない。今季主将を務める古市彩音は「昨シーズンは入れ替え戦でV1との力の差を見せつけられ、悔しい思いをした。メンバーはがらりと変わったが、チームワークは落ちていない。V1昇格を目指して引っ張る」と目標を掲げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事