《県高校駅伝》男子は農大二高 女子は常磐が頂点に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子1区 28分37秒50で1万メートルの県高校新記録を樹立した農大二の石田=伊勢崎市陸上競技場
女子5区 16分7秒69の5000メートル県高校新記録をマークした常磐の並木

 全国高校駅伝の出場権を懸けた群馬県高校総合体育大会駅伝の部が31日、伊勢崎市陸上競技場で行われ、男子(7区間42.195キロ)は全区間で区間賞を獲得した農大二が2時間4分18秒で2年連続29度目の頂点に立った。女子(5区間21.0975キロ)は常磐が1時間9分42秒で3年連続20度目の優勝。両校は全国大会(12月20日、京都)、男女上位6校は関東大会(11月21日、栃木)に出場する。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、観客の規制が難しい公道を使用せず、区間ごとのトラックレースのタイムを集計して順位を決めた。男子1区の石田洸介(農大二)が28分37秒50で1万メートル、女子5区の並木美乃(常磐)が16分7秒69で5000メートルの県高校記録を樹立した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事