斉藤(SKJ)が8連覇 全日本総合エアロビック シニア1男子シングル 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シニア1男子シングル8連覇を達成した斉藤

 エアロビックの第37回全日本総合選手権が東京・大田区総合体育館で開かれ、県勢はシニア1男子シングルで斉藤瑞己(SKJ)が23.250点で頂点に立ち、8連覇を達成した。2位に河合翔(エアロビックアスリートチームジムナ)が入った。河合は金子実楓(SKJ)とシニア1ミックス・ペアも制した。斉藤と河合、河合・金子組はスズキワールドカップ(4月)、FIG世界選手権(5月)の代表に内定した。

 ◇シニア1▽男子シングル (1)斉藤瑞己(SKJ)23.250点(2)河合翔(エアロビックアスリートチームジムナ)20.950点▽女子シングル (4)金子実楓(SKJ)19.700点(7)河野さゆり(エアロビックアスリートチームジムナ)19.000点▽ミックス・ペア (1)河合翔(エアロビックアスリートチームジムナ)・金子実楓(SKJ)20.050点▽トリオ (3)河合翔・河野さゆり・浜田陽菜(エアロビックアスリートチームジムナ)19.122点◇ユース1▽男子シングル (4)高橋和雅(SKJ)16.850点▽女子シングル (4)和田花恵(SKJ)17.500点(7)高田心結(同)16.850点⑩清村萌々香(エアロビックアスリートチームジムナ)16.250点◇シニア2▽女子シングル (2)大坂光(SKJ)18.300点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事