母校の練習グラウンドに戻り、3年生一人一人と握手を交わす山田監督(中央手前)=前橋育英高高崎グラウンド
優勝振り返り握手 育英選手と山田監督帰郷
 サッカーの第96回全国高校選手権決勝から一夜明けた9日、群馬県勢初優勝を...
前橋育英の決勝ゴールに沸くスタンド=埼玉スタジアム
スタンドで…PVで…熱戦見守る 「群馬の誇りだ」
 試合終了を告げる笛と同時に、うねるような歓声がとどろいた。8日に埼玉スタ...
《全国高校サッカー》飯島、田部井涼ら優秀選手 前橋育英から最多6人
 サッカーの全国高校選手権の優秀選手34人が8日発表され、優勝した前橋育英...
控え組のミニゲームで存在感を示すMF田部井涼(右)とFW宮崎(左)=埼玉スタジアム第2グラウンド
前橋育英 悲願つかめ 高校サッカーきょう決勝
 【埼玉=佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権で2年連続3度目の決勝...
前橋育英-上田西(長野) 前半、選手に声援を送る育英のスタンド=埼玉スタジアム
《前橋育英決勝へ》地元応援団 燃える 全国高校サッカー
 勝利の瞬間、観客の笑顔がはじけた。埼玉スタジアム(さいたま市)で6日行わ...
前橋育英-上田西(長野) 後半46分、前橋育英のMF釣崎(27、左から2人目)が決めた6点目を喜ぶイレブン=埼玉スタジアム
前橋育英2年連続決勝進出 全国高校サッカー 流経大柏とあす激突
 【埼玉=本紙取材班】サッカーの第96回全国高校選手権第6日は6日、さいた...
前橋育英-米子北(鳥取) 前半21分、先制点に喜ぶ育英のFW榎本(22)とDF松田(奥)=東京・駒沢陸上競技場
前橋育英2年連続4強 全国高校サッカー
 【東京=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日...
 
前橋育英 4強懸ける きょう米子北戦 高校サッカー
 サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日、東京・駒沢陸上競技場などで...
前橋育英-富山第一 前半、体を張って相手FKを止める育英イレブン=神奈川・等々力陸上競技場
前橋育英 劇勝で4年連続8強進出 全国高校サッカー
 【神奈川=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第4日は3...
前橋育英-初芝橋本(和歌山) 後半35分、5点目を決め喜ぶFW宮崎(13)ら=神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場
前橋育英が初戦5発圧勝で発進 全国高校サッカー
 【神奈川=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第3日は2...
前橋育英2年連続4強 全国高校サッカー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋育英-米子北(鳥取) 前半21分、先制点に喜ぶ育英のFW榎本(22)とDF松田(奥)=東京・駒沢陸上競技場
 
後半、ゴール前で守る育英のDF角田(3)と後藤田(2)

 【東京=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日、東京・駒沢陸上競技場などで準々決勝4試合が行われた。群馬県代表の前橋育英は米子北(鳥取)に3-0で快勝し、2年連続で4強入りした。準決勝は6日午後2時20分から、さいたま市の埼玉スタジアムで上田西(長野)と対戦する。

  ▽準々決勝
 前橋育英
 3-0 米子北
 (群馬)(2-0)(鳥取)
     (1-0)
  ▽得点者
 【前】角田、榎本、宮崎


◎主将欠場 全員でカバー
 前橋育英は3日の3回戦で右脚を痛めた主将、MF田部井涼の代わりに2年生MF秋山裕紀をボランチに起用。両チームとも4-4-2の布陣で試合が始まった。前線からプレッシャーをかけてくる相手に対し、前橋育英は長短のパスを使い分けてボールを保持し、主導権を握った。

 試合が動いたのは前半21分、コーナーキックからDF角田涼太朗が決めて先制すると、同27分にゴール前で相手GKがはじいたボールをFW榎本樹が押し込んで2点目。後半は選手4人を入れ替え、28分に途中出場のFW宮崎鴻が左足を振り抜いて突き放した。

 所属するリーグでは格上の相手に、前橋育英が堂々たる内容で押し切った。前線からのプレスを冷静なパス回しでかわし、ロングボールを簡単にはね返して80分間試合を支配。米子北のDF三原貫汰主将は「相手の方が格上だった」と脱帽し、前橋育英の山田耕介監督も「(主将の)田部井涼がいない中でよくやってくれた」と選手をたたえた。

 大黒柱が抜けた穴を全員でカバーした。MF田部井涼が3回戦で右脚を打撲し「最初から最後までベンチだったのは3年生になって初めて」という非常事態。ボランチを組むMF塩沢隼人は「必ず涼を埼スタへ連れて行く」と、普段より低い中盤の底で田部井に代わり危機管理を徹底した。

 双子の兄、MF田部井悠は左CKだけでなく涼が蹴る右CKのキッカーも担当し「涼の分までチームを引っ張ろうと思っていた」。前半21分、悠のCKからのこぼれ球をDF角田涼太朗がゴール左隅に決めて先制した。苦戦した前回大会3回戦をほうふつとさせるゴールに「あそこは常に狙っている」と胸を張った。

 埼玉スタジアムに2年連続で立つタイガー軍団だが、目標はあくまで準優勝に泣いた前回のリベンジ。悠は「去年の準決勝はチャンスをつくったが決めきれなかった。1年間磨いてきた決定力を見せたい」と力を込めた。(佐藤秀樹)

◎後藤田と渡辺 攻守で存在感
 後藤田亘輝と渡辺泰基の両SBが攻守で存在感を示した。右サイドの後藤田は相手のカウンターを常に警戒し、タイミング良く体を入れてボールを奪取。左サイドの渡辺は抜群のスピードで相手を抜き去り、正確なクロスで2点目を演出した。

 後藤田は横浜F・マリノスジュニアユース追浜、渡辺はアルビレックス新潟U-15の出身で、全国制覇を目指し前橋育英に進学。ともに運動量が豊富で後藤田はCBを担うこともでき、渡辺は持ち味の攻撃参加だけでなく守備力も磨いてきた。

 昨季から組む4バックのうち、プロ入りする渡辺と松田陸は実力を存分に発揮しており、U-18日本代表の角田もこの日、先制点を決めた。後藤田は「自分も負けていられない。得点に絡むプレーをしたい」とさらなる活躍を誓った。


◎攻守充実の前橋育英 上田西はワンチャンス狙う
■準決勝展望 上田西-前橋育英
 前橋育英はここまでの3試合で9得点、無失点と攻守とも充実している。J1のG大阪入りする松田ら守備陣は寄せのスピードやカバリング能力にたけており、前線では計5ゴールの飯島を軸に小気味よいパス交換でゴールに迫る。

 長野勢で初の4強入りを果たした上田西は泥くさく守り、ボールを持てば前へ大きく蹴り出すシンプルなスタイル。劣勢が予想されるが、まずはしっかりと耐え、背番号10の根本ら攻撃陣がワンチャンスを生かしたい。

■上田西(長野)
 12年ぶり2回目の出場。布陣は3-4-3と4-3-3を併用する。DF大久保龍成主将を中心に巧みなプレスでボールを奪って前線の長身FW根本凌につなぐ堅守速攻スタイル。ロングスローも武器。監督は甲府でプレーした元Jリーガーの白尾秀人氏。今大会は初戦の2回戦で京都橘を1-0、3回戦で帝京大可児(岐阜)を5-0、準々決勝で明秀学園日立(茨城)を3-2でそれぞれ下した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事