前橋工業高が6位 全日本新体操男子団体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子団体 ダイナミックな演技を見せる前橋工高=高崎アリーナ

 新体操の全日本選手権最終日は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子団体の前橋工高は15.175点で6位入賞し、初出場した2017年の8位を上回った。同種目は大学生や社会人を含む13チームが出場し、国士舘大が18.225点で12年ぶりに日本一に輝いた。

 女子団体総合は日女体大が2種目合計57.400点で2連覇し、種目別のボールとフープ・クラブも制した。

 【男子】▽団体 (6)前橋工高(常味龍生、菅原楓斗、湯浅壮翔、田中皐士朗、金成岳飛、鈴木竜馬)15.175点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事