母校の練習グラウンドに戻り、3年生一人一人と握手を交わす山田監督(中央手前)=前橋育英高高崎グラウンド
優勝振り返り握手 育英選手と山田監督帰郷
 サッカーの第96回全国高校選手権決勝から一夜明けた9日、群馬県勢初優勝を...
前橋育英の決勝ゴールに沸くスタンド=埼玉スタジアム
スタンドで…PVで…熱戦見守る 「群馬の誇りだ」
 試合終了を告げる笛と同時に、うねるような歓声がとどろいた。8日に埼玉スタ...
《全国高校サッカー》飯島、田部井涼ら優秀選手 前橋育英から最多6人
 サッカーの全国高校選手権の優秀選手34人が8日発表され、優勝した前橋育英...
控え組のミニゲームで存在感を示すMF田部井涼(右)とFW宮崎(左)=埼玉スタジアム第2グラウンド
前橋育英 悲願つかめ 高校サッカーきょう決勝
 【埼玉=佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権で2年連続3度目の決勝...
前橋育英-上田西(長野) 前半、選手に声援を送る育英のスタンド=埼玉スタジアム
《前橋育英決勝へ》地元応援団 燃える 全国高校サッカー
 勝利の瞬間、観客の笑顔がはじけた。埼玉スタジアム(さいたま市)で6日行わ...
前橋育英-上田西(長野) 後半46分、前橋育英のMF釣崎(27、左から2人目)が決めた6点目を喜ぶイレブン=埼玉スタジアム
前橋育英2年連続決勝進出 全国高校サッカー 流経大柏とあす激突
 【埼玉=本紙取材班】サッカーの第96回全国高校選手権第6日は6日、さいた...
前橋育英-米子北(鳥取) 前半21分、先制点に喜ぶ育英のFW榎本(22)とDF松田(奥)=東京・駒沢陸上競技場
前橋育英2年連続4強 全国高校サッカー
 【東京=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日...
 
前橋育英 4強懸ける きょう米子北戦 高校サッカー
 サッカーの第96回全国高校選手権第5日は5日、東京・駒沢陸上競技場などで...
前橋育英-富山第一 前半、体を張って相手FKを止める育英イレブン=神奈川・等々力陸上競技場
前橋育英 劇勝で4年連続8強進出 全国高校サッカー
 【神奈川=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第4日は3...
前橋育英-初芝橋本(和歌山) 後半35分、5点目を決め喜ぶFW宮崎(13)ら=神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場
前橋育英が初戦5発圧勝で発進 全国高校サッカー
 【神奈川=外処郷平、佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権第3日は2...
前橋育英 悲願つかめ 高校サッカーきょう決勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
控え組のミニゲームで存在感を示すMF田部井涼(右)とFW宮崎(左)=埼玉スタジアム第2グラウンド
 

 【埼玉=佐藤秀樹】サッカーの第96回全国高校選手権で2年連続3度目の決勝に進んだ群馬県代表の前橋育英は7日、さいたま市の埼玉スタジアム第2グラウンドで約1時間半ほど体を動かした。けがで準々決勝と準決勝を欠場したMF田部井涼主将は順調に回復し、流通経大柏(千葉)との大一番へ準備は万全。県勢初優勝を懸けた決勝は同スタジアムで8日午後2時5分から行われる。

◎「最高の準備を」

 選手とスタッフが円陣を組み、田部井主将の「今日が大事。最高の準備をしよう」という掛け声で練習を始めた。選手はストレッチとパス交換まではリラックスした様子だったが、山田耕介監督に集められると表情が一変。ボール回し後に主力組はランニング、控え組はミニゲームやシュート練習で汗を流した。

 流通経大柏とは今季2勝1敗。初戦は高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ関東3節で、DF松田陸とMF五十嵐理人の得点で3―0と快勝した。2戦目のインターハイ準決勝では、CKからU―17日本代表DF関川郁万にヘディングを決められ0―1で敗れた。第3戦は同リーグ12節で、FW宮崎鴻と田部井主将のゴールで3―2と振り切った。

 今大会で最多の15得点を誇る育英に対し、流通経大柏は全4試合無失点。流れの中で点を取るのは容易ではなく、攻守ともセットプレーが鍵を握りそう。大会7得点のFW飯島陸と2トップを担い、1ゴール3アシストのFW榎本樹は「空中戦で勝って流れを持ってくる」と意気込んだ。

 3回戦で右脚を痛めた田部井主将はダッシュをしたりCKを蹴ったり、控え組のミニゲームに交じったりと問題なさそうだ。「本当は見たくないけれど、これから宿舎に帰って(青森)山田戦の映像を見ると思います」。0―5で敗れた前回大会決勝から1年、いよいよ雪辱の時が来た。

《決勝戦展望》総合力は互角好ゲーム期待 流経大柏vs前橋育英

 総合力はほぼ互角で、1点を争う好ゲームが期待される。ともにここまで4試合を戦い、流通経大柏は無失点、前橋育英は1失点。堅守をベースに多彩な攻撃につなげ、勝ち上がってきた。

 流通経大柏はラインを上げたハイプレスの戦術が機能している。敵陣で相手のボールを奪うと、素早く攻撃態勢へ。視野が広く、センスのあるミドルシュートが光る菊地、いずれも途中出場で3得点している加藤蓮が好調だ。U-17(17歳以下)日本代表のセンターバック、関川が守備陣を統率し、相手エースを封じてきた。

 前回準優勝のメンバーが多く残る前橋育英は攻撃にも勢いがあり、ここまで計15ゴール。得点王をほぼ手中に収めている飯島陸が7得点し、準決勝で2ゴールの五十嵐理人も動きに切れがある。守備は寄せが速く、相手に許したシュートは3回戦の富山第一戦、準決勝の上田西(長野)戦ではともに1本だけだった。

 インターハイ準決勝でもぶつかり、その時は流通経大柏が1-0で勝利した。同様の接戦が予想される中で、両チームともに好機を確実にものにできるかが勝負の鍵を握りそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事