明和県央 初戦は埼玉・川越東と 全国高校ラグビー組み合わせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校ラグビーの第100回全国大会(27日~1月9日・花園)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市内で行われ、3年ぶり8度目の出場となる群馬県の明和県央は、1回戦で埼玉第1地区代表の川越東と対戦することが決まった。試合は27日午前10時から、大阪府東大阪市の花園ラグビー場第3グラウンドで行われる。

第100回全国高校ラグビー大会の組み合わせはこちら

 川越東は初出場。2月の県新人戦で優勝し、今大会県予選の準決勝は伊奈学園に63-0で大勝した。深谷と対戦した決勝は終盤に点差を詰められるも、17-14で逃げ切って栄冠をつかんだ。

 明和県央は9月に練習試合で戦い、3トライを決められて負けたという。成田仁監督は「キックを有効に使って敵陣に入り込み、トライを狙ってくるのが印象的だった」と振り返る。初戦突破に向けて、蹴り込まれた際の位置取りやキック処理が重要になるとみている。

 その要となるバックスリーの一人、FB山中智也主将は「相手が決まり、『いよいよ花園』という気持ちが大きくなった」と出場の実感が湧いた様子。同じブロックには94回大会で敗れた東海大大阪仰星(大阪第1)が控えており、「リベンジしたい。会場に入れない保護者への恩返しの気持ちを込めてプレーする」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事