前橋育英-高崎 前半34分、育英FW榎本がこぼれ球を押し込み先制
《全国高校サッカー県大会》育英が快勝 カバリング 攻守で徹底
 サッカーの第96回全国高校選手権県大会決勝トーナメントは21日、前橋市の...
《全国高校サッカー県大会》育英が好発進 前半の2点で主導権を握る
▽1回戦 前橋育英 3(2―0)0 伊勢崎商       (1―0) ...
《全国高校サッカー県大会》育英が好発進 前半の2点で主導権を握る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽1回戦

前橋育英 3(2―0)0 伊勢崎商

      (1―0)

▽得点者【前】榎本、高橋尚、宮崎

 ○…「5バックでくると思ったが3バックだった。強かったです」。前橋育英の山田耕介監督はまず相手をたたえた。引かずに攻め寄せる伊勢崎商に育英も全力で臨み、切り替えの速さと1対1の勝負で上回った。

 前半の2点で主導権を握った。前半15分、コーナーキックから相手の速攻を受けたが、中盤まで下がっていたFW高橋尚紀が競り合いを制して右サイドに展開。DF若月輝のクロスをFW榎本樹が決め、同32分には高橋が右足で合わせた。

 やや動きに硬さもあったが、下馬評通りの高い実力を示した。MF田部井涼主将は「無失点は良かった。集中していきたい」と気を引き締めた。

◎悔しさ次に

 伊勢崎商・金塚次郎主将の話 3年は仲が良く全員残ってくれた。悔しさを大学で、後輩は来年晴らしてほしい。育英は日本一になってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事