明和県央 きょう川越東戦 全国高校ラグビー開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 【大阪=斎藤大希】高校ラグビーの第100回全国大会は27日、大阪・花園ラグビー場で開幕、3年ぶり出場の明和県央は大会初日の1回戦で初出場の川越東(埼玉第1)と対戦する。伝統の展開ラグビーを武器に、創部以来初の8強入りを目指す。決勝は1月9日。

 県央は勝ち進めば、30日の2回戦で長崎北陽台(長崎)―函館ラサール(北海道ブロック)の勝者と当たる。準々決勝(1月3日)、準決勝(同5日)の組み合わせは改めて抽選する。

 記念大会となる今回は例年より12校多い63校が参加する。従来の都道府県51代表に加え、予選参加校が多い埼玉、愛知、福岡は1枠多く割り振られた。各予選2位校などによる全国9ブロック大会を勝ち上がった9チームも出場枠を得た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事