五輪スケート代表 土屋(メモリード)佐藤(高崎健大) 平昌で活躍誓う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺会長に激励され握手する土屋(メモリード、左)と佐藤(高崎健大、中央)=上毛新聞社
大沢知事を表敬訪問したスピードスケートの平昌五輪代表の土屋(中央)と佐藤(左)=県庁

 平昌冬季五輪(韓国・2月9日開幕)に出場するスピードスケート男子の土屋良輔(メモリード、嬬恋高出身)と同女子の佐藤綾乃(高崎健大)が10日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、同社の渡辺幸男会長に本番の活躍を誓った。

 5000メートルと団体追い抜きで出場を予定する土屋は「体調は良好。後半に息切れしないよう体もつくり直した。作戦を詰める段階」と充実した表情で語った。佐藤はマススタートなどで複数メダルが期待され、「やることは変えない。仲間と細かい調整を続け、一番良い色を持ち帰る」とうなずいた。

 渡辺会長は「群馬から(スピードスケートで)2人も行くのは素晴らしい。試合には最高潮で臨み、満足できる滑りを」と励ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事