関原(沼田高出身)ジュニア男子エペで初V ジュニアオリンピック杯フェンシング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
果敢に攻め優勝した関原(左)

 フェンシングの第28回JOCジュニアオリンピックカップ大会(東京・駒沢オリンピック公園体育館)は8日、第2日の競技を行い、男子ジュニア(20歳未満)エペに出場した関原麗允れい(日大、沼田高出身)が初優勝した。アジアジュニア選手権(2月下旬、ウズベキスタン)と世界ジュニア選手権(4月、エジプト)に日本代表として出場する権利を獲得した。

◎合宿で攻撃力高める


 日大に昨春入学した関原にとって、このジュニアオリンピックカップはようやく開催された大学生活最初の大会。「ジュニア最後の年。優勝して国際大会の代表権を」と心に決めて臨んだ。

 コロナ禍で実戦経験は得られなかったが、全国のトップ選手が集まった合宿で充実したトレーニングを積み、攻撃力を高めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事