川島氏(桐高出身)が野球殿堂入り アトランタ五輪日本代表監督で銀メダル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野球殿堂入りが決まり、笑顔の川島勝司氏=14日、浜松市(代表撮影)
アトランタ五輪日本代表と米国代表との練習試合で、バッテリーを励ます川島監督(左端)=1996年7月、ミリントン(共同)
河原井さんとともに桐生高の後輩に目的意識を持った練習の大切さを説く川島氏(右)=2010年2月

 野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りのメンバーを発表し、アマチュア野球関係者などから選ばれる特別表彰でアトランタ五輪日本代表監督の川島勝司氏(77)=桐生高出身=を選出した。社会人野球の都市対抗大会でヤマハ(日本楽器時代を含む)を3度優勝に導き、1996年のアトランタ五輪では日本代表を率いて銀メダルを獲得した。

 特別表彰では、日米の野球史を題材にした作品を数多く手がけたノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)も選ばれた。

 プロ野球の元選手や指導者が対象となる競技者表彰は98年以来、23年ぶりに選出なしとなった。元選手を表彰するプレーヤー表彰、指導者としての業績も考慮されるエキスパート表彰ともに規定の得票数に達した候補者がいなかった。

 本県関係ではこれまでに、プロ野球創立に尽力した故鈴木惣太郎氏(伊勢崎市出身)=68年特別表彰=が殿堂入りしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事